高校数学の勉強法-河見賢司のサイト

無料モニターを募集します

「数学は考えることが重要」なんて言うけど・・・


「数学は考える科目っていうことは分かるけど、どう考えたらいいか分かりません」なんてことをよく聞きます。

回答ですが、まわりくどく言うのも何なので、いきなり結論からいいます。

実は、数学って考える必要はないんです。解法を覚えてしまえばできてしまいます

重要なのでもう一度、言います。

実は、数学って考える必要はないんです。解法を覚えてしまえばできてしまいます

えっ!「暗記数学って問題が少しでも難しくなると対応できない」って聞いたけど・・・

あなたが何か新しいことをはじめたとします。例えば、将棋をはじめたとします。

ちなみに僕も将棋はほとんど知りません。単なるたとえ話です。初めは、もちろん将棋のルールを覚えますよね。

「飛車はまっすぐか真横にしかいけない」、「角はななめ方向にすすむことができる」なんていうルールを覚えます。

ルールを知らないのに、「いきなり対戦しろ。とにかく考えるんだ!」なんて言われても、ムリですよね。

当たり前のことです。誰でも分かります。

でも、こと数学になったら、何も覚えていないのに考えようとする人が本当に多いです。

さきほど、「実は、数学って考えなくても覚えてしまえばいいんです」と言いました。これには、厳密に言うと冒頭に「最初のうちは」がぬけています。

数学は、もちろん考えないといけない科目です。ただ、最初のうちは単純に覚えていけばいいだけなんです。最初の段階では、考える必要はありません。

この暗記の段階を終わると、考えるために必要な道具がそろった訳です。ですから、これまで「考えても分からない」なんて言っていた人でも、考えて解けるようになります。

「最初のうちは・・」って、どこまでが最初のうちなの?

数学ができる人って、「ここまでは覚えておかないとダメなこと」「これ以降は考えて解かないといけないこと」ということが分かってしまうみたいです。

だから、数学のできる人は見た感じ「一生懸命考えている」という印象があるんですけど、覚えるべき事柄はサラッと覚えてしまっているんです。

ここが勘違いの原因。数学の出来る人も、定理、公式、典型問題の解法、などは暗記してしまっています。それが、できてはじめて考えるということが可能になります。

「どのあたりまで暗記すればいいのですか?」と聞かれます。

問題集で言えば、青チャート、フォーカスゴールド(後半のチャレンジ編を除く)、4ステップ、クリアー、スタンダード、サクシードといった問題集は、すべて暗記してしまわないといけません。

それらの問題集に載っている問題では、問題を見た瞬間に「ああ、この問題ってこういうふうに解くのね」ということに気づけるようにならないとダメです。

でも、そういう問題集って・・・

上記のような問題集って基本的には学校の先生が解説することを前提に作っています。だから、一人では理解しにくいんですよね。

学校でいい先生がいれば別だけど、そういう先生はなかなかいない。

特に進学校では、ペースがはやいのでいったんついていけなくなると、取り戻すのは本当に難しいことです。

そこで、僕がひとりで勉強できるテキストを作ることにしました。数学につまずいてしまっていた人でも、ほんのちょっと考え方を変えるだけで数学ができるようになります。

これまで、1対1で授業をしてきていました。入会当初は数学に困ってしまっていて、後にできるようになった人たちを紹介します。

あなたと同じように「数学はどうやって勉強したら分からない」と迷っていた人たちです。


入会時平均点を割るような点数。入会後すぐに平均点を超え、3ヶ月後に定期テストで90点超え。その後も順調に進み、現役で弘前大学医学部医学科に合格!
生徒様の声
保護者の方
生徒様の声


入会時、本人いわく「悲惨な点数」。その後、順調に成績があがっていき、現役で筑波大学理工学群に合格!
生徒様の声
保護者の方
保護者様の感想

入会時、高校1年生の最初のテストで400人中350位以下!入会後すぐに点数があがり、今では学年順位2桁をキープ。現在も受講してくれています。
生徒様の声

ちょっと手伝ってください!

僕は、これまで1対1で授業をしてきました。ただ、1対1では、教えられる人に限りがあります。

もっと多くの数学が困っている人の助けとなりたい。そう考えて、学校の授業に遅れてしまった人でも独学で学校においつける、動画とテキストを作ろうと思います。

ただ、これまでの1対1の授業と違いうまくできるかどうか分かりません。そこで、あなたに無料のモニターになって欲しいのです。

モニターと言っても、何も難しいことはありません。とりあえず、僕の用意した動画、テキストを使ってみて簡単なアンケートに答えてもらうだけです。

もちろん、「とりあえず興味があったけど、自分には合わなそう」と感じるのでしたら、アンケートに答える義務はありません。その場で、辞めてもらって結構です。

勉強には、どうしても合う、合わないがあるので、それは仕方がないことです。

どういう人が対象なの?

対象者は、ある程度上位の大学を目指している人です。具体的に言うと、国公立大学や私立ではMARCH、関関同立、東京理科大といったところです。

僕のところに来てくれる人の多くは、「ある程度の進学校に通っている。でも、数学が悲惨な点数で困ってる!」なんて人が多かったです。

まずは、そういう人向けのテキストを作っていこうと考えています。今後、「数学がまったくできない人向けのテキスト」などと、徐々に幅を広げていく予定です。

無料モニターに参加する 相談してみる


特にお勧めの人

矢印 進学校に通っているけど、学校のペースについていけない人


矢印 塾や予備校ではなく自分のペースで勉強をしたい人


矢印 社会人や既卒で医学部受験を目指す再受験生


矢印 理系の国公立大学を目指している人



無料モニターに参加する 相談してみる


お客様の声

国公立大学 岡山大学医学部医学科合格! 再受験 女子
生徒様の声(岡山大学医学部医学科合格!)

国公立大学 筑波大学理工学群合格! 現役 男子
生徒様の声(筑波大学合格!)

国公立大学 東京農工大学工学部合格! 現役 男子
生徒様の声(東京農工大学工学部合格!)

私立大学 明治大学情報コミュニケーション学部合格! 現役 女子
生徒様の声

私立大学 関西医科大学医学部合格! 現役 男子
生徒様の声(関西医科大学合格!)

防衛医科大学合格! 浪人 女子
生徒様の声(岡山大学医学部医学科合格!)


無料モニターに参加する 相談してみる


PAGETOP